店頭での査定・買取によるデメリット

売却先の選択肢が少ない

店頭買取を利用するデメリットは、利用できる買取店の選択肢が少なくなってしまうことです。全国各地に買取店はありますので、身近にも利用できるところがいくつかあるはずです。しかしながら、数としてはそんなに多くはありませんよね。そのため、店頭買取で売るとなると、少ない選択肢の中から売却先を決めることになりますが、そうした売り方は注意をした方が良いかもしれません。もしもそれらの買取店が、どこも安値で買い叩くところですと、どうやっても高額売却を望むことは難しいです。ブランド買取で失敗をしないためには、もっと沢山の選択肢を持つことが大切です。そのためにも出張買取や宅配買取なども視野に入れながら、より高く売れそうな買取店を探すのがおすすめと言えます。

店頭買取は安値になる傾向がある

査定額が決定される要因はいくつかあります。ブランド品の価値が関係してくるのはもちろんですが、他にも運営コストも査定額を左右する要素です。そして店頭買取ですと、コストが掛っていることで査定額が低くなる傾向があるのです。人件費や店舗の維持費、賃料など、諸々にコストが掛かってきますので、査定額を厳しくせざるを得ない部分もあります。安く買取をして高く売らなければ維持をしていくことはできないため、よほどの人気アイテムでない限りは買い叩かれてしまう可能性があります。なお、昨今では宅配買取が人気でお得に売れることもあるようですが、高く売れやすいのは極力コストをカットしているのが理由の一つです。低コスト運営ができることで査定額にも反映してくれ、店頭買取よりも高値が付くこともままあるのです。

ロレックス買取では、店舗へ持ち込んで査定を受ける店頭買取だけでなく、宅配を利用した宅配買取や自宅で査定を受ける訪問買取も存在し、自分に合った買取方法を選べます。